1 : 2018/04/16(月) 10:31:37
「ハートマン軍曹」演じたR・リー・アーメイさん、死去 『フルメタル・ジャケット』の鬼教官役
4/16(月) 9:21配信
ハフポスト日本版

ロナルド・リー・アーメイさん


スタンリー・キューブリック監督の映画『フルメタル・ジャケット』に「ハートマン軍曹」役で出演した俳優のロナルド・リー・アーメイさんが、肺炎による合併症のため死去した。
74歳だった。アーメイさんのマネージャーが4月16日、発表した。

ロナルド・リー・アーメイさんはアメリカ海兵隊の元軍人で、教練指導官も務めた。愛称は一等軍曹の略称「ガニー」。

退役後に俳優デビューし、ベトナム戦争を題材にした映画『フルメタル・ジャケット』(1987年)の鬼教官・ハートマン軍曹役を務めた。
スラングを多用し、訓練生たちを容赦なく叱責・罵倒するキャラクターを演じ、強烈な印象を残した。

『フルメタル・ジャケット』の他にも、『トイ・ストーリー』シリーズのおもちゃの軍曹役で声優を務めるなど、厳格な“軍人役“として活躍した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00010001-huffpost-int
64 : 2018/04/16(月) 10:57:47
>>1
フルメタルジャケットの真の主役は
この人と言っても過言ではないよな
74歳まだ若過ぎる…RIP(;ω;)
80 : 2018/04/16(月) 11:08:00
>>1
この人が日本の萌えアニメに与えた影響は絶大過ぎる。

フルメタルパニック!
ご注文はうさぎですか?
359 : 2018/04/16(月) 14:57:49
>>1
糞する前にサーつけろ
2 : 2018/04/16(月) 10:33:44
ローレンスの呪い
57 : 2018/04/16(月) 10:56:28
>>2
ほほえみデブのヴィンセント・ドノフリオは順調にキャリア重ねている
3 : 2018/04/16(月) 10:33:57
意外と若く
ご冥福を
4 : 2018/04/16(月) 10:35:28
サー!、まじかあああああああ、サー!
7 : 2018/04/16(月) 10:36:09
本日をもって貴様らはウジ虫を卒業する。
8 : 2018/04/16(月) 10:36:33
そびえたつクソ
9 : 2018/04/16(月) 10:37:11
他のキャラが個性強すぎて主人公が空気すぎる作品
16 : 2018/04/16(月) 10:40:04
>>9
軍曹とデブ以外の全てがかすんでいますね。
後半部分が全て空気だったな。
166 : 2018/04/16(月) 11:54:04
>>16
自分はベトコンスナイパーの(´Д`)ハァハァ
も衝撃的だった。
まぁハートマン軍曹と微笑みデブだよな。
133 : 2018/04/16(月) 11:39:39
>>9
ハートマン軍曹とほほえみデブのキャラが立ちすぎてて二人の死後
ストーリーがどうなったかも覚えてない。
136 : 2018/04/16(月) 11:41:54
>>133
俺はラストのミッキーマウスマーチ好きだよ
137 : 2018/04/16(月) 11:42:32
>>133
こういうやつは最初から見てないだろ
後半も素晴らしいのに
146 : 2018/04/16(月) 11:46:45
>>133
スナイパーとの戦闘シーンは日本の糞アニメがパクるぐらいの
面白さはある。それでも前半の印象が強すぎるんだけど
150 : 2018/04/16(月) 11:47:35
>>133
後半の方が強烈だと思うのだが
10 : 2018/04/16(月) 10:37:30
朝のナパームの匂いは格別だな
71 : 2018/04/16(月) 11:03:06
>>10
それキルゴア中佐
11 : 2018/04/16(月) 10:37:52
本物だったんか
今頃知った
51 : 2018/04/16(月) 10:54:02
>>11
演技指導かなんかで呼んだけどこのまま役でやってくれって話になったんでしょ

映画ウォールストリートでも証券会社の人が見て
「これ分かっとらんよ」って実際に何か月か業務見学させたとか

やっぱり80年代ハリウッドって神だわ
13 : 2018/04/16(月) 10:38:17
クソタレる前と後にサーと書け
15 : 2018/04/16(月) 10:39:47
このひとだけは美辞麗句で送るのはふさわしくないというか、
故人もそれを望んでないんじゃないかな
17 : 2018/04/16(月) 10:40:13
「貴様ら雌豚どもが俺の訓練に生き残れたら―――
各人が兵器となる。戦争に祈りを捧げる死の司祭だ 。

その日まではウジ虫だ!地球上で最下等の生命体だ。
貴様らは人間ではない。
両生動物のクソをかき集めた値打ちしかない!

貴様らは厳しい俺を嫌う。だが憎めば、それだけ学ぶ。

俺は厳しいが公平だ、人種差別は許さん。
黒豚、ユダ豚、イタ豚を、俺は見下さん。
すべて―――平等に価値が“ない”!

俺の使命は役立たずを刈り取ることだ。
愛する海兵隊の害虫を!分かったか、ウジ虫!」

ハートマン軍曹
156 : 2018/04/16(月) 11:49:49
>>17
ほんとゾクゾクする
305 : 2018/04/16(月) 13:35:33
>>17
素晴らしい
332 : 2018/04/16(月) 14:30:54
>>17
これ訳した人もセンスあるよね
333 : 2018/04/16(月) 14:32:15
>>332
完璧主義者のキューブリックが監修してたからな
355 : 2018/04/16(月) 14:55:18
>>333
アイズ・ワイド・オープンっていうアイズ・ワイド・シャットの脚本家が書いてるメイキング本による
脚本執筆のためにキューブリックの屋敷に行ってみると部屋の床一面に各国の新聞がばら蒔かれていて
それらの新聞に掲載されたフルメタル・ジャケットの広告が契約通りの寸法かどうかキューブリック自身が定規で計ってたらしいw
338 : 2018/04/16(月) 14:37:37
>>332
戸田奈津子がいつもの適当翻訳噛ましてたけど、キューブリックがそれを逆翻訳してチェックして
激怒してクビになった話が好きだな。
26 : 2018/04/16(月) 10:43:27
デブの最後の銃振り回すとこすこ
27 : 2018/04/16(月) 10:44:45
後半はミッキーマウスの歌を歌うシーンとか良かったじゃん
28 : 2018/04/16(月) 10:45:05
プラトーンなんかより全然凄い映画だと思う
それでもキューブリックの映画の中では下の方
やはり天才
30 : 2018/04/16(月) 10:45:21
思いのほか若かったんだね
最高よくできた戦争映画だったと思うよ
32 : 2018/04/16(月) 10:45:53
銃ぶっ放すだけの番組やってたよな
あれ好きだった
328 : 2018/04/16(月) 14:28:46
>>32
対物ライフル撃って反動でスコープで目を打つって伝統芸能もきっちりやってて
あれはちゃんとお約束わかってる さすがだよね
36 : 2018/04/16(月) 10:48:22
ママとパパはベッドでゴロゴロ
ママが転がり、こう言った
お願い、欲しいの・・・
しごいて!
お前によし
オレによし
うんん、よし