1 : 2018/01/12(金) 08:50:08

ハリーポッターと山盛りの灰のように見えるものの肖像
2 : 2018/01/12(金) 08:50:25
読みたい
3 : 2018/01/12(金) 08:50:43
おったまげー
4 : 2018/01/12(金) 08:50:45
8 : 2018/01/12(金) 08:51:38
jkローリングは癖強くて別名で書いてもバレるレベルらしいな
9 : 2018/01/12(金) 08:52:02
やっぱマグルの扱いって雑やわ
10 : 2018/01/12(金) 08:52:12
月読かな
11 : 2018/01/12(金) 08:52:15
読みたい
12 : 2018/01/12(金) 08:52:17
階段から落ち続ける話面白そう
13 : 2018/01/12(金) 08:52:20
ロンのシャツは彼と同じくらい惨めだ
14 : 2018/01/12(金) 08:52:34
もちのロン
15 : 2018/01/12(金) 08:52:53
ストーリーがむちゃくちゃなのは仕方ないとして過去との矛盾はないんか?
矛盾なく作られてるならそれはすごいで
16 : 2018/01/12(金) 08:53:54
18 : 2018/01/12(金) 08:55:11
こうかいしてや
19 : 2018/01/12(金) 08:55:18
七ヶ月落ち続けるとこええな
20 : 2018/01/12(金) 08:56:05
23 : 2018/01/12(金) 08:57:04
とりあえずタイトルはセンスある
25 : 2018/01/12(金) 08:59:45
ただの単語ジェネレーターの高級版でしかないこんなものに人工知能もクソもあるかよ
32 : 2018/01/12(金) 09:02:37
>>25
まあ言語自体がただの大量のパターン認識かもしれんからな
26 : 2018/01/12(金) 08:59:53
・魔法とは、ハリー・ポッターがとても良いと考えたもの。

・ロンはクモになる。ちょうどなっているところだ。

・ハッフルパフのブタは大きなウシガエルのように鼓動した。ダンブルドアは笑って、その頭に手を置いた。「きみは今はハグリッドだ」

・ロンはそこに立っていて、熱狂的なタップダンスのようなものを踊っていた。ハリーの姿を見るなり、ハーマイオニーの家族を食べ始めた。

・ハリーは自分の頭から両目をえぐり出すと、それを森の中に投げた。ヴォルデモートは今はなにも見えないハリーに向かって眉を上げた。

・長身のデス・イーターが、"ハーマイオニーはダンスの仕方を忘れた"と書かれたシャツを着ていた。だから、ハーマイオニーはそいつの顔を泥の中に埋めた。

・ロンのシャツは、彼自身と同じくらい惨めだ。

・ハリーはまわりを見回して、その夏の間じゅう、らせん階段から転げ落ちていた。
28 : 2018/01/12(金) 09:00:50
>>26
31 : 2018/01/12(金) 09:01:27
>>26
ロン頭おかしいやろ
36 : 2018/01/12(金) 09:04:06
>>26
腹がよじれる
38 : 2018/01/12(金) 09:04:33
>>26
自分の目玉えぐり出したり階段から転げ落ちたりこのハリーは自傷壁でもあるんか
29 : 2018/01/12(金) 09:00:59
山盛りのってとこがミソやな
34 : 2018/01/12(金) 09:03:37
人工知能がこれを俺らの仕事にするなときれる時代やで
44 : 2018/01/12(金) 09:06:59
クッソ読みたい
47 : 2018/01/12(金) 09:09:45
完全にギャグやんけ
17 : 2018/01/12(金) 08:54:12
ワイもハーマイオニー食べたい